プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水族館

ただいまー
土日で茨城に行ってました。
水族館好きのだんなの希望で大洗水族館へ。

土曜のフラレッスンが終わってから出発。
上野から特急に乗って一時間。水戸ってけっこう近いんですね。
途中、学生時代にいたつくば近くの駅をとおりこんなだったかなーと思いながら。
水戸の町は自分の好きな地方都市な感じがよかったですねー。
しかし、今回の旅は夢の中で出てきた光景が何度も出てきてそれも面白かった。
水戸の駅前当たりは体外離脱してきていたのかも。
駅そばのホテルに一泊して朝から水族館に出発。

水族館はさすがに子供づれで大混雑。
それでもイルカとアシカショーも見れたし満足(^_^)


それでは今まで行った水族館の個人的ランキングなどを。

第1位 沖縄美ら海水族館:なんといっても世界一の巨大水槽とジンベイザメ&マンタ。あの水槽前だったら3時間でもいられます。

第2位 鳥羽水族館:ジュゴンとマナティーがかわいい。展示室のほぼ全てが大きな廊下でつながっており順路が自分で決められるのも面白かった。お伊勢参りに行ったときはぜひ足を伸ばしてみたいところです。

第3位 葛西臨海水族園:ここの目玉は円形まぐろ水槽ですね。ここにも3時間くらいいられる(笑)

第3位 新江ノ島水族館:葛西と甲乙つけがたい。小学生のときだったか遠足で行ったことはありました。2004年に改装され新オープンしたばかり。クラゲコーナーは見る価値あり。


今回の大洗水族館はオープン当時から行ってみたかったものの葛西や鳥羽にはかなわず。
ここのクジラの全身骨格標本はどこでも見れるものではないらしいです。
南極展やってまして、ジロの剥製標本がありました。
大阪海遊館も有名なんですけど、伊勢参りのあとに行くところではなかったですね(^_^;)混んでて途中ギブアップ。
すいているときにまた行ってみたいです。でも1位の美ら海は動かないですねー

ひさびさの充実旅行でした(^_^)
スポンサーサイト

癒しとは

癒えるとは自分になっていくこと。

それはなにか新たなものを付け足したり、失うわけではない。

いままで忘れていたものを思い出すことにすぎない。

宇宙であった自分を思い出すこと。全てであった自分を思い出すこと。

少しずつ、少しずつ。

忘れていた自分を思い出し、また自分に戻っていくこと。

hana.jpg
キク科の子@2003入野谷

風邪・その後

週末は風邪でずーっと倒れていたためのんびり過ごせた。
熱出してのんびりもないもんだが。
暇に任せて久しぶりにヘミシンクCDを聞いてたら頭がすっきりしていた。
すごいぞヘミシンク

そんな暇つぶしもしつつ
寝たりおきたりしていて朦朧としていた中、出てくるのはやはり自分を見ている小さな自分。
週末2日間は彼とともに過ごした。
これから先仲良くなれるだろうか。

くしゃみを連発していたところなぜか左手に響いて痛みが出てきた。
もともと左手は、ずれた感じがしていた。肉体とエーテル体が微妙にずれている。
自分でずらしたもの、と言われたことはある。
受け取ることを学ぶのにもう少しこのズレ感と付き合う必要はあるようだ。


風邪はよくひく。
身体がそれを必要としているときに調整のためにバランスを一気に崩そうとする。
そうすると熱でも出して治ったときに大体何かが起きている。
今回もその調整だったのかも。いろいろなことがおきていたみたいだ。

新月ももうすぐ。
新しいエッセンスでも組んでみるかなー

文句のひとつも言ってみたい

風邪っぴきです(+_+)
奥さまからもらったらしい。
鼻かぜもしんどいわー

ここのところ体調の変化は自分のなかの取り組みの流れで起きてることなんだとは思う。
小さいとき満たされなかった自分のなかの子どもが今の自分を見つめている。
彼は訴えかけている。
シューティングスターはその表れの一つ。
挙げればきりがない。
マリポサリリー、ベビーブルーアイズ、バターカップ、イブニングプリムローズ、
アンジェリカ、オレゴングレープ、チコリ・・・・etc.

父親になる準備なのだろう。
やはりゆっくり行こうと思ってもそのこと自体が人生を加速させる(^_^;)
自我レベルの焦りもないわけではない。
でも本当に自分の魂は急いでいるのかもしれない。
やると決めてきたことをやるためなのだろうか。
それはわからない。
そのうちわかるのかもしれないし、向こうに帰ってからやっと思い出すのかもしれない。



書いてるうちに、また一山越えるため準備なのかという気がしてきた。
またか・・・またしんどい山を登るのだ。
神様はその先に必ずご褒美を用意してくれているのももう知っている。
だから余計になんか悔しい気がするのは、自分が自分に踊らされているような気がするからだ。
まあそんなもんでしょ、人生なんて(~_~;)と斜にかまえてもみたくなる。
なんかもっと楽にしたいよーとごねてみたくもなる。

・・・なんでしょ、チコリですかね。

100記事目

11月からつらつらと続けてきたブログもやっと100記事。

もうすぐ10000ヒットの声も聞こうかというところ。

見に来てくれているみなさま、どうもありがとうございます。

これからもマイペースでやってきますのでよろしくどうぞ(^_^)

シューティングスター

ここのところグランディングがとても甘くなってしまっている。
なんか気がつくとぼーっとしていたり。
身体を感じてないわけではないのだがなんかふわふわしてるのが楽なのだ。
ビーエッセンスの影響はとてもありそうな感じ。
イシスの息吹の先輩にビーエッセンスで体脱できるよーといわれ、それは試さねばと何日か寝る前に続けて使っていたこともあったので・・・
調子が変になってきたのは多分そのあたりからだと思う。

あまりに変なのでエッセンスでグラウンディングできないかと試してみた。
どれにしようかなと眺めていると、気になるボトルが。
使ってみたら頭回りのエネルギーが下のほうになだらかに流れていった。
そのエッセンスはなんとシューティングスター。
何度か試してみたがローズマリーなんかよりは良く効く。

そうかー、シューティングスターなのかー(^_^;)
そういえばFEPTの課題もあり、子ども時代のことを良く思い出す。
セラピーでもそういうところをやっている。
でもイブニングプリムローズとかだと思ってたんだけど。
ちょっと意外なエッセンスが登場した感じだな。
まあしばらくつきあってみるか。

shootingstar.jpg
Shooting Star。こんな花です。

戌の日

午前中のフラレッスンが終わり、足腰のエネルギーが充実したところで奥さまとお出かけ。

今日は戌の日。水天宮参りに行ってきました。
恥ずかしながら戌の日ってあまりよく知らなかったのですが
犬が多産でお産も軽いことから、安産を願って妊娠五ヶ月目の戌の日に腹帯を巻くという風習があるのだそうです。
参考:安産を願って腹帯を巻く「戌の日」って?
ここ何日かで急におなかが出始めた奥さま。
うちのチビもだんだん自己主張し始めてます(^_^)

やはり土曜日の戌の日とあって水天宮駅を降りるといきなり長蛇の列。
安産のお参りと腹帯をもらいに妊婦さんと旦那さんたち、お礼参りのチビ連れのご家族で超混雑。
狭い境内に何百人かいたみたい。お守りいただくのにずいぶん並んだかなー

inu.jpg
境内にあった親子の犬の像

でもこれだけのご夫婦が子どもを待ち望んでいるということになんだか感動してきました。
新たに生まれてくる命もその数だけいるんだなー
これだけ愛されて待ち望まれてみんな生まれてくるんですね。
親になろうとするこの歳になってやっとそれが実感として感じられるようになりました。
それだけ考えても無駄にこの世界にやってくる魂はないとおもえます。
自分も生きていることは本当にすごいことなんだなと。
我が子にも「生きること」を伝えていきたいと思う午後でした。


その後寒風吹く中、一緒にお参りしたお義母さんと3人でお茶してから
水天宮周辺のマタニティショップ(これがまたものすごくたくさんある!)をはしごして帰ってきました。
マタニティ服を買ってご満悦の奥様でしたが、お疲れで即ご就寝。
お疲れ様でした(^_^)

薬について ~総論3~

総論もこの辺までにしときましょう。眠たい授業はつらいですから(^_^;)


・副作用とは?
通常の用量で現れる治療効果が主作用です。それ以外に現れる意図していない、あるいは有害な作用が副作用です。一般的に多かれ少なかれ副作用のない薬はありません。
身体の中での作用範囲が広ければ広いほど副作用は多くなります。いわゆるステロイドの副作用はその際たるものです。

しかし副作用といっても使いようのあるものもあり、たとえば風邪薬に入っている咳止めや鼻水止めは眠気が出るものもあります。風邪のときは寝て体力を回復させるのは一番直りの早い方法でしょう。
また、以前の記事でも書いたことはありますが市販の睡眠改善薬ドリエルはお医者さんでもらえる睡眠導入薬とは全く異なり、なかみは抗ヒスタミン薬の塩酸ジフェンヒドラミンという物質です。普通はかゆみ止めの軟膏に入ってたりします。一般的に抗ヒスタミン薬は副作用として眠気は強いのでそれを逆に利用しているものです。
ですからドリエルの場合、かゆみがある場合に服用すると治まりますがこれは副作用というわけですね。


・相互作用って?
2種以上の薬を一緒にとった場合、それぞれ別々に取ったときと違う作用が現れたり、どちらかの効果が弱くなったり強くなったりすることがあります。
そういうときは相互作用があるのです。要はのみ合わせのこと。
代謝を受ける酵素が同じだったりすると薬同士で代謝の競争を始めて、負けたほうがいつまでも代謝されずに残ったりします。この相互作用はけっこうあって調剤のときに気を使います。
相互作用は薬同士だけではなく、薬と食べ物にもあります。
例えば天ぷらとスイカある種の高血圧の薬とグレープフルーツジュースとか納豆と抗凝血剤とか。喘息の薬とハーブのセントジョンズワートとか。

薬局で薬をもらったら食べあわせとかを薬剤師にちゃんと説明受けてきましょうね。

今日はこの辺で。

banner_04.gif
blogランキングへ

薬について ~総論2~

・薬が身体に入ってから出るまで
身体に入れるためにはいろいろな方法があります。
飲む薬だけじゃありません。
1.静脈内投与、動脈内投与:血管内への注射のこと。
2.皮下投与、筋肉内投与:血管にささない注射。お尻にする痛ーい注射はこれ。
3.経口投与:口から飲むこと。
4.粘膜上投与:舌下とか鼻腔粘膜からの吸収。
5.直腸内投与:座薬はこれ。
6.肺投与:吸入薬はこれ。
7.局所投与:点眼とか塗り薬とか。
8.クモ膜下腔内投与:局所麻酔薬での脊椎麻酔とか。

身体の中に入ってからは基本的に血中に入り、血流によって患部や組織に移行します。
ちなみに脳は物質の分布の中でも面白いところで、循環系からは血液脳関門という仕切りで区切られています。
おかしなものが脳に入って悪さをしないようにしているのですね。
一般的に油に溶けやすい薬物は消化管吸収もよいのですがこの関門も突破しやすいのです。
たとえばモルヒネを化学修飾して脂溶性を高めたジアセチルモルヒネはヘロインとも呼ばれ覚せい剤です。血液脳関門を通り抜けやすいので脳に影響しやすく、依存性もきわめて高くなります。危険。

身体に入った薬の代謝はおもに肝臓がしています。
一般的に薬物は酸化を受けて水に溶ける性質を増すように変化を受けます。
この反応はいろいろな酵素が行っています。
酵素はタンパク質ですが同じ薬物をずっと取っていると、薬物を代謝する酵素がたくさん作られ始めてだんだん薬の効果が落ちてくることがあります。
お酒を飲めない人が飲んでいくうちにだんだん飲めるようになってくるのはこのせいもあります。

役目の終わった薬は排出されなければなりません。
その経路もいろいろあります。
1.腎臓からの排泄:代謝を受けて水溶性が増した薬物は尿に溶けて排出されることが多いです。多くの薬物の重要な排泄経路。
2.胆汁からの排泄:肝臓から直接胆汁に排出される。便の中に排出されるパターン。
3.肺からの排泄  :揮発性の高い薬物は呼気中に排出されることもあります。アルコールもこの排泄経路を持っているために、飲酒運転の検問で捕まってしまうわけですね(+_+)
4.汗、唾液、乳汁などへの排出:こういう経路もあります。授乳中のお母さんが服薬に気をつけなければならないのはこのせい。

今日はこの辺で。

banner_04.gif
blogランキングへ

薬について ~総論1~

「ヒーラーのための薬理学」はつれづれなるままにネタを拾ってきてましたが
このへんできちんと役に立つ薬の話をやりましょうか。

薬理学総論から。
薬って何でしょうか。どうやって効くんでしょうか。
効いた後はどうなるの?副作用って何で起こるの?
とか、この辺からにしましょう。


・薬とは?
薬物とはざっくりまとめて生体活性物質といっていいでしょう。
要するに身体に対して使う(服用する、塗る、注射する・・・etc.)と何らかの反応が身体に対して起こる物質です。
おなかが痛いのが治るとか頭痛が治まるとか。
それを「病気」や「症状」とされているものを軽減、治癒させる方向に働くのが「薬」です。
そうじゃなくて飲むと死んじゃうとかひどい目にあう薬物が「毒薬」になるわけです。


・どうやって効くのか?
身体は細胞の塊です。
細胞同士はそれぞれいろいろな方法でコミュニケーションをとっています。その方法は神経を介する電気刺激であったり、情報伝達物質(アレルギー反応のヒスタミンや興奮したとき
のアドレナリンとかもこの一種)を介するものであったりします。
現代の薬はこういった細胞や組織間の情報の交換場所に作用してピンポイントの薬理効果を出すものが多いのです。(参考:レセプター考

作用形式として情報交換の場所に割り込んで
1.その情報刺激を強める、促進する=作動薬
2.その情報刺激を弱める、抑制する=拮抗薬
ものがあります。新たに別の情報伝達経路を作るような薬はありません。



今日はこの辺で。

banner_04.gif
blogランキングへ

上から下まで

はっと気づくと以前と同じことして同じことを感じている。
前にも同じ嫌な感じを味わったことを思い出す。
それはパターンだ。

そこから抜け出ることができないのは他の方法をとることができないため。
いかに嫌なパターンでも抜け出るのには膨大なエネルギーがいる。
慣れきったことから外れてみる勇気もいる。

相手に転移しているのかもしれない。投影があるのかもしれない。
でも「今の嫌な感じは半分が投影で半分が本当のことです。」とは誰も言ってくれない。
できるのは自分の中を見てみること。
なぜ自分がそんな風にしかできないのか見てみること。
嫌なことだといつものパターンで行動してしまうことより
本当に本当にエネルギーを使う。
実際疲れる。






















しかし、そこに向き合うことが自分を磨く。



















・・・と大人の答えを出すまでには時間がかかる(^_^;)
そんなのしるかー!!!とぶちきれる自分もいるのはよしとしよう。
最も低い地獄の底からから最も高い神の世界の果てまで全部合わせて自分なのだ。

そんな気がする今日この頃。

成分解析

真面目モードが続いたので久しぶりにゆるゆるな感じで。

ヘンなソフト発見。その名も「成分解析」。ダウンロードはこちらで。
けっこうネット上で流行ってるみたいです。
入力した言葉の成分を測ります。
某頭痛薬の半分が優しさでできているなら、あと半分は何からできてるんだというのが開発理由だそうな。


こんな感じ。

にじといれると・・・
にじの成分解析結果 :
にじの78%は白い何かで出来ています。
にじの18%は時間で出来ています。
にじの3%は小麦粉で出来ています。
にじの1%はミスリルで出来ています。


薬剤師と入れると・・・いや、実際こんなもんかも。
薬剤師の成分解析結果 :
薬剤師の52%は根性で出来ています。
薬剤師の35%は大人の都合で出来ています。
薬剤師の12%は夢で出来ています。
薬剤師の1%は祝福で出来ています。


ヒーリングと入れると・・・
ヒーリングの成分解析結果 :
ヒーリングの91%はお菓子で出来ています。
ヒーリングの8%は努力で出来ています。
ヒーリングの1%は鉄の意志で出来ています。


フラワーエッセンスと入れると・・・
フラワーエッセンスの成分解析結果 :
フラワーエッセンスの58%は見栄で出来ています。
フラワーエッセンスの19%は血で出来ています。
フラワーエッセンスの17%は玉露で出来ています。
フラワーエッセンスの6%は祝福で出来ています。


自分の名前を入れてみました。
****の成分解析結果 :
****の53%は血で出来ています。
****の25%は勇気で出来ています。
****の12%は真空で出来ています。
****の6%は税金で出来ています。
****の4%は大人の都合で出来ています。


ライフスクールは?
ライフスクールの成分解析結果 :
ライフスクールの97%はやらしさで出来ています。
ライフスクールの2%は株で出来ています。
ライフスクールの1%はやさしさで出来ています。


なんと!(@_@;)そうだったのか・・・知らなかった。
なんとなーく外れてもないのが出てくるのが意外な感じ。
あなたは何からできているんでしょうか?

ツユクサのエッセンス

今日から仕事復帰。
忙しさの中に自分の居場所を忘れそうになる。
そのとき役に立ったのがツユクサのエッセンスだった。
小さいが透き通る青が5レベルの感覚を思い出させてくれる。
こんなにすごいエッセンスだったとあらためて気づいた。

ツユクサはしばらく続けて摂ってみたこともあるエッセンスだが
自分の感覚が広がるにつれて受け取れるものも変わってきた。
あ、青いなーだけでなく、その青さに静かな世界を見ることができる。
そういえば自分の絵から受け取るものも昔と違ってきたことがあったか。
(絵を描く:http://irisrainbow.blog14.fc2.com/blog-entry-59.html

自分が変われば受け取るものも変わってくる。
受け取る世界を変えるために必要なのは世界を変えることではなく自分を変えること。
自分を知り、自分の中に降りていくことこそ世界を広げることになる。

降りていった先に何があるのかはまだ知らない。
でも自分を変え、世界を変えるものがあるのだろう。

願わくばそれが生まれ持ってきた輝く宝であるように。

思い出した世界

今回のトレーニングのクラスでは準備ができていたらという条件付で
オーラの5レベルの作業を習うことになっていた。
このレベルの作業はヒーリングのガイドチーム(外科医系の人たちらしい)との作業になる。
ガイドなどあっちの世界の人たちとの関係で、権威との関係や内的準備ができていないと
十分に仕事ができないということらしい。

練習を何度か繰り返しても5レベルの感覚がよくつかめない。
先輩の5レベル作業のヒーリングを受け、自分でもやってみた。
次第に気がついてきた。他のレベルと同じくつねにここにあり気がつくことが必要なだけだった。
たしかに4レベルよりは周波数が高い。でもあまりに普通だったのでわからなかった。
空間は青く染まり、音のない音が流れている。空間と物質の実体が逆転している。
それがテンプレートの感覚らしい。

そして思い出してきた。
この静かな整然とした感覚は知っている。
子どものころからごく時たま意識に上がってきてこれはなんだろう?と思っていたものだった。
またこの感覚が自分に何か常に足りない、手が届かないと思っていたものの一部であることも思い出した。
なくしてしまって見つからないパズルのピースを見つけた気分だった。


5チャクラは見えない世界への扉だと師は言う。
たしかにこの静かな世界からもっと上の世界につながっている感覚はある。

これから自分とあちらの世界との関わりはますます深くなっていく確信がある。
目に見えず、しかし確実に存在している高い世界を知り、
そちらでも生きていくことを学ぶだろう。
それはいろんな意味で「力」を持つことになる。
その責任も負えるだけの足腰をつけるための自分の器作りなのだ。
人間としての器作りにいかに向き合えるか、自分にいかに向き合えるか。
それは生きている間(本当は向こうに帰ってからもだが)続く。

やっと思い出し、たどり着いた5レベルの世界。
本当のスタートはこれからだ。

体外離脱練習法

LTに続いてヒーリングトレーニングのクラス。
今回も盛りだくさんでした。

霊媒訓練でフルトランスでチャネリングをするように体外離脱の練習があるらしい。
師匠がなにげなく言った一言がみんな気になってしょうがない。
遊びで(でもないが)その練習をやってみることになった。

体外離脱は7チャクラから抜け出るように行う。
寝たときも死んでからあっちに帰るときも通路はやはり7チャクラ。
無理やりアストラル体をひねって出たりすると、アストラル界への扉である4チャクラに過大な負担をかける。4チャクラはもちろん心臓との関係は深いので、変な体脱のくせをつけると心臓疾患になりやすくなる。訓練を積んだ霊媒でも心臓発作で亡くなることは多いらしい。

そんななので出るのは頭のてっぺんから。
どうやるかというと、抜け出る人は7チャクラから一生懸命出ようとする。
もう一人の人が7チャクラを手で押さえて出ないように押さえておく。
出る人のエネルギーが十分高まったら抑えている人が突然手を離す。
そうするとその勢いでビンの栓が抜けるようにポンと抜け出るのだ。
なんだか冗談みたいだがやってみるとほんとに抜け出た(@_@;)
(実際はこの方法は裏ワザらしく、サポートの人が7チャクラから引くのが通常の方法らしい(^_^;))

抜け出るときにグラッと世界がゆがみ、頭の上のほうにいる感じになった。
でも抜け出る感覚自体はやはりなじみのあるものだったけど。
完全に抜け出きったわけではなかったが、抜け出るエネルギーを増やし、
抜け出てたほうになるべく意識を移すといわゆる体外離脱となる。
でもそこで「目を開ける」感覚を覚えないと周りは見えないみたい。
身体に戻ってきた後、頭のてっぺんに大穴が開いている感じがしていた。
そこから抜け出たんだろうなという感じ。
これなら体脱用にはヘミシンクはいらないかな。

そんな半分お遊びも挟みながらでした。
しかし今回のトレーニングの山場は5レベルの練習。
次の記事につづく。

セルフエンチャントメント

あっという間にスクール週間終了。
期間中にブログ更新する予定がレポートに追われ無理でした・・・(+_+)

LTでは女性のためのセルフエンチャントメントで自分は一人だけ男。
自分のなかのアニマに対しての祝福をもらってもよかったが、参加になぜか抵抗あり。
その間退室して青山学院の桜を見に行っていた。

sakura.jpg
さくらサクラ♪まだ3部咲きくらいだった。

帰ってみるとみんなの輝きがすごいことになっていた。
光がいつもの百倍増しで輝いている。これはすごい!!

セルフエンチャントメントはネイティブアメリカンの儀式のひとつとのこと。
思春期の女性が子どもから大人になるために必要なエネルギーを部族の女性たちから受け取る儀式。
まわりの女性たちから自分の女としての輝きやいいところを言葉によって与えてもらい、思春期の不安定なところを乗り切る力とするのだ。

自分が見た輝きはみんなが自分の輝きを認めて表したものなのだろう。
もともと持っているが普段はいろいろな理由で出てこない光。
みんな言葉というエネルギーを受け取ったが、それは多分自分の光を認めるということへの抵抗感の突破に使われていたのだろう。
そうして思い出した自分の光をもとにさらに自分を確立していくのだ。

みんな本当にすごい輝きでしたよ(^_^)
本当にみんなそれぞれ素敵な女性でした。


・・・しかし、男性はLTでは自分を含め2人。
この業界相変わらず男性が少ない。
男性のセルフエンチャントメントのクラスではサシでやることになるのかただいま検討中(^_^;)どうなることやら。
でもあんなすごい輝きを見てみると自分もやってみたいなあ、って思う。
オープンクラス参加の男性の皆様、がんばって早くレポート出してLTにきてくださーい。
お願いしますm(__)m
リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。