プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーチエンジンとは

良く考えたらサーチエンジンに引っかかってくる仕組みをなにもやってなかったような気がします。
果たしてサーチエンジンとは何ぞや。

検索の仕組みはこういうことです。
YahooやGoogleで検索をかけるとサーチエンジン会社の人たちがせーのでいっせいに世界中のホームページを見に行って瞬時に見つけてくるという人海戦術を利用した方法です。
うそです。

サーチエンジンにはディレクトリ型とロボット型があります。
ディレクトリ型では主にYahoo!カテゴリOpenDirectryProjectなどがあります。
サーチエンジン会社が手動で登録するものです。
ロボット型ではGoogleなどがあります。
世界中のウェブページをロボット(ページを見つけ出して登録するプログラムのこと)が自動的に登録していきます。
Yahoo!などはこれらの両方式をハイブリッド型で使っています。

ディレクトリ型への登録はまた別の記事で。
(日本ではYahooの利用率がGoogleよりも高いため、Yahoo!カテゴリに登録されるかどうかはそのサイトにアクセスを呼び込めるかどうかにとても大きく影響します。)

サーチエンジンはまずクローラー、スパイダーと呼ばれるウェブページ読み取りロボットが世界中のウェブサイトをくまなく見てまわり、その内容がサーチエンジン会社のデータベースに自動的に保管されます(インデックスされる、といいます。)検索結果で表示されるのはこのデータベースから読み出された結果です。

普通ウェブブラウザでサイトを見るとこんな感じですね。
scr1.jpg


しかしクローラーはサイトに来て一体何を「見て」いるのかというと・・・

scr2.jpg

こういう一見わけのわからない文字列(ページのソース)を読んでいるのです。
これはHTMLといってウェブサイトの本体です。これがウェブブラウザによって解釈されて普通見るようなウェブサイトとして表示されるのです。

ソースはウェブブラウザでも見ることができます。
(FireFoxならメニューバーの「表示」から「ページのソース」を選択。IEならメニューバー「ページ」から「ソースの表示」を選択。)
HTMLファイルはこのように中身は単なるテキストの羅列です。
クローラーはソースのなかからタグと呼ばれる書式(<>で囲まれているもの)をもとにページの内容を吟味します。(またリンクの記事で書いたように、他のサイトからのリンクも含めてページのリンクも評価の対象になります。)

つまりページの最適化とはクローラへの親和性の高いページを作ること、インデックスされやすいサイト構造に再構築しなおすことです。
そのための小技がいろいろあるのでちょっとづつやっていきましょう。
スポンサーサイト

ページタイトルは

どんな文章やキーワードでリンクしてもらうか、ということが重要ということがわかりました。
ではリンクしてもらったページまたはサイトのタイトル(titleタグで表示されるもの)はどうなのでしょう。

これも重要なことです。サーチエンジンはタイトルをページの内容を表すものとして重要視します。
ですからホームページ作成ソフトでとくに設定せずにタイトルを「新規ページ」とか「名称未設定」などにしておくのはとてももったいないことなのです。積極的にタイトルにキーワードを盛り込みましょう。
ただしやり過ぎは禁物です。何年も前ならタイトルにキーワードを20個とか30個とか羅列するような方法でも効果はあったようですが、いまはスパム扱いされて最悪検索結果から削除されてしまいます。気をつけましょう。

Yahoo!はタイトルに関して比較的厳密な判定を行っているようです。ページの内容と全然関係ないタイトルをつけていると判断された場合、検索順位が下がったりやはり検索結果から削除されることもあるようです。。

リンクのされ方

アクセスを増やすといっても範囲も広いのでどこからやろうかなと思ってますが、まあ適当に始めたいと思います。

SEOというテクニックはウェブページを検索上位にもって行きたいキーワードで最適化したりするもので、いかにサーチエンジンに気に入られるかというゲームです。そのためにいろいろなワザを駆使するわけですが、まずは「強いサイト」のために何よりも大事な要素を挙げておきます。

「質の高いコンテンツ」

これに尽きます。
とにかくサイトの質がどうしようもないとサーチエンジンにも「こいつはたいしたことないな」と思われてしまいさっさと帰られてしまうこともありますから。
SEO対策として被リンク数(リンクを貼ってもらっている数)は大事ですがリンクしてもらうのもサイトの中身がないといいサイトからのリンクはもらえません。
テクニックでのアクセスアップ、SEOはその後に考えてもいいんじゃなかろうか。



・・・とは言ってもいろいろな方法を知ってるのと知ってないのでは効率は違いますので、まずは重要なリンクの話から。
サイトをリンクしてもらっているというのは、少なくともリンク先からリンクを張るだけの内容があるのだろう、というふうにサーチエンジンは判断します。なので被リンク数は重要です。まともなサイトからのリンクは基本的に多ければ多いほど良いといえます。

そして最近のサーチエンジンは賢いのでリンクの内容まで判断してサイトの評価をします。
どんな言葉でリンクされたかということをリンク先のサイトの情報として検索結果に反映するのです。
どういうことかというと

あっちの世界とこっちの世界

ヒーリングのブログ・あっちの世界とこっちの世界

(上二つのリンクは同じこのブログのトップにリンクをしています。)
ではサイトの検索結果への影響が違うということです。
サーチエンジンは下のほうのリンクのほうが「ヒーリングというキーワードに関係がありそうだ」と判断します。ですから他サイトにどんな言葉でリンクを張ってもらうかというのは結構重要なのです。

ここでちょっと実験をしてみましょう。
Yahoo!(http://www.yahoo.co.jp/)でもGoogle(http://www.google.co.jp/)でも
「こちら」という文字を検索してみてください。両サーチエンジンで同じページがトップに出てくると思います。Adobe社のAcrobatReaderのダウンロードページですね。PDFを読むときに必要になるやつです。
でもそのページをクリックして見てみても「こちら」なんて一つも入ってないですよね。
不思議です。ちゃんと検索できてるんでしょうか?
これは先ほどの「どんな言葉でリンクされているか」ということがいかにサーチエンジンに重要視されているかということを表しています。
AcrobatReaderのダウンロードをすすめている無数のサイトが

アクロバットリーダーのダウンロードはこちら

とかの文字列でリンクをしているからです。
なのでサーチエンジンは「こちら」というキーワードの入っているリンクが一番多いAcrobatReaderのダウンロードページを重要と判断して検索上位にしているのです。

どんな風にリンクしてもらうかというのはちょっとバカにできないぞということでしょうか。

アクセスを得るには

普通サイトを立ち上げても来てもらえるような対策をなにもしてなければ誰も見に来てくれません。自分が見に来たときのカウントだけしかなくてがっかりすることになります(-.-;)
道もなくだれも通らない山奥にお店を出してもお客はこないのと同じことだからです。
まず道を整備してお店を誰もが見つけやすく、訪ねやすくしておかなければなりません。


ではどうするかのかというと・・・

サイトへつながる道、入り口を
1・人が沢山通るところに
2・沢山作っておく


当たり前のことに見えますがこれが基本。またその際に、

3・サイトにある情報を得たいと思っている人たちが見つけ出しやすいように工夫しておく


必要があります。


1に関しては検索エンジンでの多く検索されるキーワードの選定とそのキーワードでのサイトの最適化、多数の訪問者が見込まれるサイトからのリンクなどがあります。
2に関しては被リンクを多くする(多くのサイトからリンクを張ってもらう)、1と重なりますがキーワードの選定など。
3に関してはやはりキーワードの選定、サイトの最適化などがあります。


1から3で大きな部分を占めているのが検索エンジンからのアクセスをどうやって確保できるかということです。そこで上位表示したいキーワードをもとにしてサイトを最適化しなおすのが検索エンジン最適化(Search Engine Optimization=「SEO」)と呼ばれる技術です。

このSEOを基本軸にしていかにしてサイトにアクセスを増やして、潜在的なクライアントに情報提供できるかということをまとめていきたいと思います。
小技が多くなると思いますが小さな積み重ねが違いになると思いますのでがんばっていきましょう。

選択

今年最後のクラスが終わった。
クリニックのときも遠隔ヒーリングのクラスのときもどんなヒーリングをしていても本当に楽しい。
夢中になって出来ること自体もうれしい。ほんとになんてヒーリングって楽しいんだろうヽ(^。^)ノ
まだまだトレーニングに入って3年も経たないがどんどん深くなっていくヒーリングの奥深さに驚くばかり。しかし師匠や先輩方を見ているともっともっと先があることに震えるほどの喜びも感じる。
ほんとうに出会えてよかったと思う。師に、ともに歩む仲間に、自分に。

そして深まっていくその世界を探検することは自分をもっと見つめることにつながっていく。
いまの自分にとって自分を変えることは自分を愛し、認め、自己定義の枠をいままでの限界を越えて広げていくこと。
新たな生き方を選びつつある今の自分には薬剤師という「肩書き」はいまでは防衛の一部でしかないのかもしれない。アルケミストでありヒーラー、フラワーエッセンスのプラクティショナーであるという自分を生きるということは外から与えられた肩書きなどではない。それは自分のなかから湧き上がり人生に顕されていくもの。

しかしそのギフトを受け取ることをまだ自分に許せていない。いままでの自分からはみ出すことは恐ろしいものだ。


その自分の枠、限界を決めるのが「自分はここまで」という自己定義の限界なのだろう。
その枠を超えようとするとき自分に問うべきことが「自分は誰か」という問いではなく「自分は誰であることを選択し、生きるのか」という問いに変わっていく。
選択しうる自由は限りがない。だから何をそこから選び取って生きるのかということが自分ということなのだ。

自分は自分であることを選んでいきたい。
だれかの人生じゃない。自分が自分の人生を生きていきたい。
リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。