プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド 響き合う生命・意識・宇宙

基本的に自分は理系でありまして、薬剤師などをやっていますがヒーリングの仲間内では理系が少ないので珍しいやつのようです。看護師さんもどっちかって言ったら理系に入るんでしょうか。

なので、医療とヒーリングとの関係も興味はありますが、いわゆるオーラ、生体エネルギーやヒーリングというものに科学がどのように説明をつけてくれるのか、というのもとても興味あるテーマです。
・・・というより、世界はどういう仕組みになってるんだろ?というもっと根元の疑問ですかねえ。それがヒーリング、アルケミーなんかで表される面と、理解できる学問としての面があるという感じです。いずれ一緒になっていくんでしょうけど。

というわけで今回の本はこちら。

フィールド 響き合う生命・意識・宇宙

最先端科学が世界をどんな風にとらえたのかを、ゼロ・ポイント・フィールドというキーワードでまとめた本。原書の出版が2003年とかなので最新情報のほうもそれなりでしかないんですが、もともと真空そのもののエネルギーがなんだかスゴそうだというのは70年代に先進的な科学者が言い始めていたことで、すでにそのころから研究が進み始めていたということなんですねー ハル・パソフの論文読んでみたい。

ヒーリングの原理や意識の活動が量子レベルでの相互作用であったり、重力、慣性の制御による駆動装置、真空のエネルギーを取り出して次世代エネルギー源とする、真空の量子揺らぎに全宇宙の活動が波として記録されている、などなど。それらが真空そのものであるゼロ・ポイント・フィールドとそのエネルギーに関連がある・・・らしい。興奮して一気に読み終えました。おもしろすぎ。いや、もう薬学なんかじゃなくて理論物理学か数学をやっとくんだった(T_T)と後悔させられました(^_^;)
でも将来的にはヒーリングの基礎研究とかやってみたいなあ。夢は大きく(^_^)

ちなみに慣性制御装置などのこれから出てきそうなテクノロジーはヘミシンクのフォーカス27の技術系メモリーセンターにあるんじゃなかろうか。見てこれないもんだろうか。

世界が全てこの理論で説明し尽くされるとは思いませんが、人類の知性はほんとにすごいと思えますし、人間もバカにしたもんじゃないなとあらためて思うのでした。
スポンサーサイト

財布の話

困ってしまったことのあとに、いいこと(?)がありました。

入野谷に出発の日、電車待ちをしてる間に財布を駅で落としてしまいました。気付いたときはすでに特急の中。さすがに焦りました。でもまあ多分出てくるだろうと長野にいる間忘れていたんですが(^_^;)…
帰って来てから駅で確認すると誰かが拾って届けてくれていた模様(^_^)警察署で保管してもらっていました。届けてくれた方どうもありがとう。

・・・で、今朝のこと。
なんと駅で誰かの財布が落ちているのを発見!すぐさま駅員さんに届けました。落としてしまった人に無事帰りますように。


なんだかわかりやすく受けた恵みを世界に返すことができました。
その役目をさせてもらったことをとてもとてもうれしく思ったのです。
これからも自分が受けてきた恵みをちょっとづつでも世界に返そう。

ちょっと幸せでうれしくなってしまった一日でした。

見える世界

静かな伊那谷から帰ってきました。
涼しくて過ごしやすかったなあ。もう一週間くらいいたかった。

子どもたちともあまり遊べなかったし、花を見に行くことすらあまりできませんでした。
今日はなにしようか…とのんびり過ごすうちに知らず知らず1日経っている。
リトリートでいつも味わうどこに行き着くのかわからない感覚の中でまったりしてました。



でもひとつ思い出したことがありました。

世界はもっと色鮮やかで奥深い・・・はず。

ということ。


自分は本当に世界を見て感じることをやめてしまっていたのでした。
たぶん子供のときからずっと。
見ることも聞くことも感じることもやめて、やめてしまったことは忘れていました。
その代わりに残ったのは「自分には何か大切なものが欠けていて、その一片はどこかほかのところにある」というぼんやりとした感覚だけ。

きっと子どもたちが自分を世界が見えるところまで連れてきてくれたのでしょう。
子供たちのように鮮やかで身近な世界を感じていたころを思い出せるのかもしれませんね。そのうち。

ただいま&いってきます

暑くて熱い京都から帰ってきました。
あらためて感じたのは、子供のためにしろ自分のためにしろ世界のためにしろ、
自分を生きること以外やることはない、ということでした。
自分の居場所でやるべきことをこつこつとやることだけなのですね。

そうそう、いいパパになろう!とは思いました。
プロジェクト・ベビーブルーアイズ、いつか実現するのかな。
いつか自分の居場所、やるべきことになるのかもしれません。

全然関係ないんですが、京都の地下鉄で世界的な指揮者の小澤征爾と同じ電車に乗り合わせました。テレビで見るのと同じもじゃもじゃ頭で、でれーんとしたラフな格好でした。
でも普通のおっちゃんではない輝きがある方でした。
感激したなあ(^_^)

さて、休む間もなく入野谷研修に出発です。
今度は家族旅行。楽しみです。
では行ってきまーす(^o^)丿
リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。