プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚え書き:脊髄小脳変性症

小脳や脳幹、脊髄などの変性による進行性運動失調を特徴とする疾患群。
運動失調、自律神経症状、不随意運動などを呈する。
発症はタイプにより異なる。中年以降に発症するものが多いが若年性で発症するものもある。症状の進行は遅く10年単位での進行になるが、数年で急激に進行するものもある。
多くは遺伝性であるが非遺伝性のものもある。遺伝性のものはDNAの検索が進み、遺伝子診断ができるようになりつつある。

DNAのなかで原因遺伝子内のタンパク質への翻訳領域にCAGのリピートが増大しているタイプのものがあり、このリピートが多いほど発症年齢が若く、重症化しやすいことがわかっている。CAGはグルタミンをコードしていると考えられておりポリグルタミンにより伸張した異常タンパク質が障害を及ぼしているのではないかともいわれている。このCAGリピートにより神経細胞がアポトーシスを起こしているとの研究結果もある。

完治させる療法や進行を止める療法は見つかっていない。対症療法とリハビリテーションによる症状の緩和、改善が基本となる。

・薬物治療
1.TRHと誘導体
TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)であるヒルトニン(酒石酸プロチレリン)の注射またはTRH誘導体のセレジスト(タルチレリン水和物)の錠剤内服がある。一部の患者に症状の緩和と進行を遅らせる作用がある。
2.震戦や筋固縮の対症療法にパーキンソン症治療薬
3.起立性低血圧に対して自律神経治療薬
4.排尿障害に対しての治療薬

・リハビリ
足の重量負荷により進行を遅らせる。歩行安定の効果も期待できる。
バランス訓練、歩行訓練など。

・ヒーリングの可能性
キレーションによる一般的なメンテナンス
神経キレーションによる神経系の賦活
小脳、延髄など変性部へのブレインバランス(病変部の再形成はどうか?)
DNAへのアクセスによる組み換え、転写調節
薬へのエネルギーチャージによる薬効の賦活

コンティニュアムも神経系の賦活、統合によいかもしれない。


ヒーリング・アスクレピア やってます!
スポンサーサイト
リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。