プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリング・アスクレピアセッションお休みのお知らせ

こちらの記事のように8月末に手術をしました。
おおむね回復しているものの、ヒーリングセッションを行うには十分な体力が回復してはいないと感じています。まだちょっと痛くておなかに力が入らないし。

よりよいヒーリングセッションをお届けするために10月のセッションはお休みをいただくことにしました。
11月以降に再開の予定です。再開時にはブログとホームページでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。


ヒーリング・アスクレピア ちょっとお休み中( u _ u )
スポンサーサイト

甘いものが食べられない(T_T)

入野谷と入院を乗り越えてなんだかいろいろ動いてきてる感じです。
羅針盤は相変わらず的確に未来をさし示してしていますが、それでも未来への不安(自信のなさでしょうか?)が付きまといます。まあ人間なのでしょうがないんでしょう(^^;)

とりあえず一番目立った変化としては食事に関することですかね。
入院で一気に少食になったのがそのまま維持されて、前ほど食べられなくなりました。
まあこんなことはいいとしてですね。

問題なのは以前ほど甘いものが食べられなくなったこと。
これは甘党としては大いに心外なことで、どら焼き一個食べるのも結構大変になってしまったくらいのレベル。職場でのコーヒーも砂糖抜き、おやつもお煎餅とかをちょっとだけ。

実家のジィジとバァバが孫見たさによく遊びに来るんですがお土産のシュークリームもパス。相変わらず甘党の奥様が精力的に消費しています。
奥様の体調を守るために自分も食べなくては・・・と思いながらもやっぱりパス。

ほかの味覚は今までどおりなのに甘いのだけなんでこんなに苦手になっちゃったんだろう?とも思いますがいままで食べすぎだったのがちょうどバランス取れたのかもしれませんねえ。ダッツを奥さんのから一口だけもらって満足できるんだからまあ経済的とも言えるか。


ヒーリング・アスクレピア やってます!

テーマ: スイーツ
ジャンル: グルメ

手術後のケア:麻酔についての考察

自分の手術時は全身麻酔ではなく、腰椎麻酔という方法で麻酔を受けました。
これはどういうものかと言うと、腰椎より脊髄液中に麻酔液を注射してみぞおちあたりからお尻、足まで痺れさせる方法です。腰に注射をすることになり結構痛かった(>_<)

さて、この麻酔法はほぼ確実にすぐ効く、あんまり痛くない(そうでもなかったけどなー・・・)などの長所がある半面、術後にしばらく歩くことはできず、排尿障害や頭痛などの副作用があるなどの短所があります。

頭痛(に伴うめまい、吐き気なども)については結構起きることが多いらしく、これは注射をしたところから脳脊髄液が漏れてしまうせいだといわれています。事故などで脳脊髄液が漏れてしまう病気の脳脊髄液減少症というものがありますが、一時的にこのような状態になるようです。この頭痛は大体7~10日くらいで治まるようですが人により何カ月か続くこともあります。


自分の場合も頭痛は術後10日以上たっても残っていて、ふらつきやめまいらしきものもあったので結構つらかったのでした。日中は眠くてしょうがないし。
また、一時的に麻酔部分だけ体外離脱したような感じになり、体に戻ってこれない感覚も続いていました。倦怠感もありました。

このような状態は脳脊髄液の不具合もありましたが、自分の場合麻酔薬が代謝され切れずに体内に残っていたことが考えられます。
師匠によるとそのような事例があったとのこと。自分も調べてみましたが脊髄麻酔の影響が神経系にどの程度残存しているかというデータはすぐには見つかりませんでした。少なくとも血中濃度的には麻酔後少なくとも何日かした時点でなくなっているはずなのですが。これは製薬会社に要確認。ただ、この残存成分はキレーションなどきちんと体に働きかけることができるヒーリングで洗い流すことはできるとのことです。
(というと物質成分というよりはエネルギー的に体が麻酔下の状態から抜け出してないということはあるかもしれません。)




よって、術後の麻酔および副作用への対応としては
・キレーションでたっぷりエネルギーを流してチャージ、残っている麻酔成分を洗い流す
・神経キレーションで神経系に残っている麻酔成分を洗い流し、浄化、リセット
・脊髄の注射部分へのケア。必要があれば再形成など。
・頭痛に対してルミニス・エセンティアのメマツヨイグサを使用。飲用またはハンズオンヒーリングに併用(ルミニスのメマツヨイグサのエッセンスには脳脊髄液の調整効果があるというリサーチ結果があります)
・体の離脱感についてはグラウンディング系のエッセンスを使用。ローズマリー、マンザニータ、クレマチスなど
・・・などが考えられます。

また一般的に手術部位、全身状態のケアに対しては
・キレーションでチャージ、浄化
・創部の再形成、経絡の再調整など
・手術によるインパクトを神経系がトラウマとして蓄積しないように神経キレーションでケア
・・・などが考えられます。


自分の場合これらの対応をとった結果どうなったかというと。
・グラウンディングが抜けてる感じはエッセンスで多少改善。
・メマツヨイグサはてきめんに効果あり。摂ってすぐ頭痛が半減。
・キレーションおよび神経キレーションは強力にグラウンディングを促し、チャージ、麻酔薬のフラッシュが起こったようで、ふらつき感、頭痛、倦怠感などはおさまった。ヒーリングの2日後には頭痛は完全に治まっています。

ただ、残っていた麻酔薬がヒーリングによりフラッシュされたことにより、創部周辺の痛みが増してきたという副作用?はありました。


はからずも自分の体でヒーリングによる術後ケアを体験できました。医療の現場でハンズオンヒーリングは実際にこんな風に役にたつんだ、ということを広めていきたいですね。


ヒーリング・アスクレピア やってます!

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

病院のプチ怪談?

入院中体力的にもいろいろ弱ってたせいでしょうかねえ。

なんか夜になると病室がすごーくアストラルが強くなって変な感じになってました。
一般的に夜になるとアストラルのエネルギーは強くなってくるんですが、それにしても濃厚な感じでなんかいろいろ病室に飛んでるのが見えるような見えないような…
あー、赤ポマンダー持ってくんの忘れたなー カンタン結界張れないじゃん。

これならなんか出ても不思議じゃないなーとか思いつつ。
でもなんか飛んでるくらいなら平気♪と思って夜中にトイレに行きました。
手を洗おうと自動で水が出る蛇口に近寄ろうとしたところ・・・

明らかに全然遠い蛇口から勝手に水が出て勝手に止まりました。
だ、だ、誰かいましたか?((((;゚д゚))))ガタブルガタブル

結局原因は分からず。まあそういうこともあるかなーと(^^;


ヒーリング・アスクレピア やってます!

テーマ: きゃぁーーーーーっ
ジャンル: 

支えられること

なんとか退院して戻ってきました。

まあ緊急手術って言ってももともと持ってたそ径ヘルニアが悪化してしまったためなので、手術自体は虫垂炎の手術くらいのものでしょうか。8月24日に手術、安静にして一週間。抜糸も終わって大丈夫そうなので昨日やっと退院できました。
傷自体は大したことないものの手術時の麻酔の副作用らしく頭痛が治まらずまだ自宅待機。腰椎麻酔ってこんなに影響残るんですねー やってもらわなきゃわからなかったなあ。

本当は8月28日から統合医療のシンポジウムに行く予定でした。ほんとに楽しみにしてたんですが、このタイミングで入院になってしまい行かれずじまい。ヒーリングの約束してた先生方、どうもすいませんでした。

でもこのタイミングで患者の経験をしたってことは意味のあることだったんじゃないかと思ってます。
自分にとっては統合医療だ!といってどんどん前に進むより、まずは手術をして入院をしてという患者であることがまず必要だったのでしょう。
たかだかちょっとおなかを切るくらいの手術でも翌日には立てないくらいの痛みもあるし、食事だって全然食べられなくなる。点滴は一日に何本もあったし、腰椎麻酔は痛かったし、まだ頭痛は残ってる。

そんなへばってたときに家族や友人たちが支えてくれました。
家で元気になって帰るのを待っている家族がいると思うのはどれだけ自分を前向きにさせるか。
友人たちの手術直後からのヒーリングはどれだけ自分を内側から支え、「病人」であることに埋没してしまわない力になったか。
そして病院の看護師さんたちや先生方のケアがなければもちろん回復もありませんでした。

全部体験しなければわからなかったことでした。
理解してるつもりだったし病院の現場にもいたので、患者さんの気持ちもわかってるって思ってたのは・・・単なるおごりでした。ヒーリングでどれだけ人を支えられるかということも改めて思い知らされました。

人は支えられて生きている。誰でも。一人で生きてはいない。
病気やいろいろな苦しみにあったときに周りに支えてもらえること。
自分はやはり医療を、ヒーリングを通して人を支えたい。
改めてそう思います。

支えてくれた皆さん、力になってくれた皆さん。本当にありがとうございました。


ヒーリング・アスクレピア やってます!

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。