プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パウケアクリームの社長さんから電話が!!

犬用クリームを人間に使ったらいい具合だった・・・という経緯で取り上げたパウケアクリーム
参考記事:犬用クリーム使ってみます?

経緯も経緯でしたし、記事に開発元のHPの表現が薬事法に触れてないか?というコメントをいただきました。そしてその日のうちに株式会社FLFさんにメールしてどうなってるんでしょうか?と回答を聞いてみたのでした。
そうしたら電話でお話したいと株式会社FLFの社長さんからじきじきにご連絡が!(@_@;)
この面白い経緯で一般に発売となったパウケアクリームのいきさつをうかがうことができました。

 ~~~~~~~~~~~~

・株式会社FLFの石塚社長のお話によれば・・・
まず第一にこのパウケアクリームはあくまでペット用として開発したものです。
販売していたのはおもに大手高級百貨店のペットコーナーなどでした。
そこでペットに使っていたお客さんが自分の手などにもつけてみたところとても具合がいい、という話が多くあったらしいのです。
その口コミでじわじわと広まっていって、結果エステなどでも使い出したということなのです。
しかし、医薬品でも医薬部外品でもなく薬事法上ではその他の「雑貨」であり、薬事法の規制を受けないこのクリームを使うというのは基本的に使う人の自己責任になります。
(カッコ内筆者注:これは無責任のようですが実際しょうがないこと。その他の雑貨にはアロマテラピーの精油なども含まれます。普段使っている生活の中にも意外と多くの雑貨扱いの製品があります。ヘナも以前は雑貨でしたが薬事法で化粧品原料として認められたため今は化粧品です。今は違法になりましたがいわゆる「脱法ドラッグ」も「雑貨」扱いだったのかな(^_^;))
ペット用の「雑貨」であると何度も念を押して納得してもらって、それでもなお使ってくれるところが増えてきています。新規採用のためぜひ説明会を言われ、とある皮膚科で説明会を行ったこともあります。
実際に使ってみて効果があった、かさかさやかゆみがおさまったという使用者の声が口コミとなり広まっています。
その実際に起こっていることを見て、使うかどうかを判断して欲しいと思います。

・ホームページの「皮膚の再生」などの表現については・・・
実際微妙な表現はあるのでHPの改定をしています。
(話をうかがったのは7月19日。7月20日の時点でHPの表現は改定されています。あきらかに効果効能を謳った表現はなくなっています。)
こちらの会社ではペットについて言えば「再生」という表現は、アスファルトなどによるペットの皮膚ダメージを本来の肌に生き返らせる、という意図を持っています。
その表現についても微妙なところを厚生労働省に聞いても、ではこう変えなさいとは絶対に言ってくれない。現場も困っています。

・なぜ雑貨なのか?化粧品や医薬部外品の指定を受ける予定はあるのか?
いまのところ化粧品などの指定を受けるつもりはありません。
化粧品とするには他にも入れなければならない成分も増え、また入れられないものもあります。
パウケアクリームは苦労して開発してきたものです。
今の製品が人やペットを問わず受け入れられているのでそのままで販売を続ける予定です。
(ほかにも化粧品業界のイロイロにも苦言を呈しておられました。)

 ~~~~~~~~~~~


社長さんが何度も繰り返しておられたのは「このパウケアクリームはペット用として開発したものであり薬事法上規制を受けない「雑貨」です。あくまで人に使う際には自己責任になります。しかし法律上は効能効果は謳えないものの、口コミで広まった使用者の声を聞いて実際にはどうなのか判断して欲しい。」ということでした。

今回このような大げさな電話インタビューになってしまいました。こちらもメールで何回かやり取りすれば終わるかなと思っていたんですが、メールだと伝わりづらいということもあります。さらにマスコミでこれは効く!とあおられたため、いろいろなところからのやっかみや脅しも結構きているそうです。
そういうわけでそういう変なものと分けるために、またきちんと状況を伝えるために一薬剤師である私のところにわざわざ電話いただいたということをおっしゃってました。
お話をうかがった印象としては、とくに売れるうちに売ったれー!!ということではなく、ペット用に開発してはいたが自分の手がけた製品が有効に使われているということを喜んでいて必要なお客様には使っていただければ、との社長の思いを感じました。

そのうえで薬剤師としてはパウケアクリームを絶対安全!だとは言えなくなりました。
(どんな薬物、医薬品でも絶対安全なものなどこの世にありませんけどね。)
しかし、自己責任において使うのはもちろん自由です。
いままで使われて効果があった方々の声がこのクリームを支持し、広めています。
しかも副作用も今までの報告はないそうです。

上記踏まえてあらためてこのパウケアクリーム、おすすめいたします。

PANA-ZOOシリーズ パウケアクリーム 60g
パナズー・パウケアクリーム
水溶性ジェルタイプ
植物生薬配合
無香料・無着色・ノンアルコール
日本製
60グラム  ¥2,520(税込)
詳細はこちらから→PANA-ZOOシリーズ パウケアクリーム 60g

ペット用 パナ・ズーパウケアクリーム 2個セット
パナ・ズーパウケアクリーム 2個セット
関連記事

コメント

なるほど~

にじさん

こんばんは。
FLFの社長さんからお電話があったんですね!
電話インタビューお疲れ様です(笑)
なるほど、いろいろな経緯があり、「雑貨」なのですね。
ただ、人間に対しても使えることや、厚労省の認可を取ったと一般に思わせることをマスコミに発表したのであれば、今更、「雑貨なので自己責任で」という態度は、メーカーとしてちょっと無責任じゃないかなぁ…とワタシは思います…。
ワタシのような素人には雑貨と化粧品の区別なんてつきませんし…。
入れられる成分が限られるなどの言い訳で化粧品の指定を受けないというのは、なんだか本末転倒な気がしてきちゃいますし、薬事法の規定もイロイロ問題があるのかもしれませんけど、ルールはルールだと思うのですが。。。

にじさんはどう思われますか?

通りすがりさん

うーん、いろいろな見方はあると思うんですが社長のお話を聞いてみて、雑貨であり本来ペット用であるということは私が考えていた以上に販売店に徹底して周知させるように努力なさっていました。それでもあえて使いたい人は使えばよいと私は考えています。
化粧品認可についてはいろいろな話があったのですが、化粧品業界の体質などもあり、メーカーさんの立場を考えるとこれ以上は私の文才では公の場で書くのが難しいと判断しました。
もしもっとくわしいことをお聞きになりたければ株式会社FLFさんに直接連絡を取ってみたほうが間違いない話を聞けると思いますよ(^_^)

通りすがりですが・・失礼をお許しください。

当店のアクセス解析をしていて、偶然コチラにたどり着きました。
実は、FLFの社長の石塚氏は私の古くからの友人でして、以前は一緒に仕事もしていた仲であります。
彼からバウケアクリムの話を以前から聞いており、実際サロンでも使っていて効果を実感しています(自分が検体になりました。 笑)

こうやって、口コミネットワークでありえない商品が認識されるって良い風潮だと実感しました。

今の日本人って、様々な情報に錯乱されて、モノそのものの良さや使用感より「認知度」や「ブランド力」に左右されがちなような気がします。今回のように口コミで広がるってある意味理想ですね(商売する側からして)イイモノはずっと残って行きます。
私も以前、シャンプーの開発等に携わっていましたが、製品として良いモノを作っても大手メーカーのように販促は出来ず、結局うまく商業ベースに乗れずに大量の在庫を抱え、販売店に迷惑をかけることになり、商品が棚から消えていく…。
今回のように口コミネットでイイものが広がっていくことは、とても素晴らしいことだと思います。(日本人の価値観が変わってきたのかな!?)

長々と勝手言ってスイマセンが、皆様でこの商品を応援し末永くご愛用頂ける事を願っています。

実際に使用した者です

はじめまして。パウケアクリームの検索をしていたところ、
こちらまでたどり着きました。

7月より使い始めまして、現在3個目に突入しました。
私個人のケースだと、肌トラブルは一切ありませんでした。
使うほどに肌が改善されています。

正直、最初は恐々使用しておりましたが、現在は
今後特にトラブルがなければぜひ使用させていただき
たいと思っております。

ただし、やはり肌に合う合わないがあると思いますので
そこは現在の状況だと個人の判断/責任で使用しなけれ
ばいけないな、と感じてます。また、使用については
不安感を持たれる方がいらっしゃるのは当然のこと
ですから、その点も今後何らかの形で改善でききる
といいですね。



M店長さん

ご訪問、コメントありがとうございました。
お電話でも石塚社長の熱意が伝わってきてました。
いいものを、と開発してきたものがさまざまな形で受け入れられていることをとても喜んでおられたようです。
たしかに日本人はブランドを見て右にならえをしたがりますが本当に良いものは残ってくのでしょうね。

またいらしてくださいね。

ユーザーの一人さん

ご訪問、コメントありがとうございました。

実際に使ってみられた貴重なご意見ありがとうございます。
当サイトにもパウケアで検索していらっしゃる方が最近多くなってきていて、認知度は上がってきているのだろうなと思います。
だからこそ安全性に本当に問題がないかということが皆さん気になっておられるのでしょう。
ただ、医者の処方する薬であっても副作用が出るかどうかは実際に飲んでみなければわからないことが多いというのも本当のことで、パウケアだけが(おおむね安全なことが多いですが)なにか危ないことが起きるかもというのもちょっと・・・と思います。

またいらしてくださいね。

にじ 様

またまた来てしまいました。

私はいわゆる人間用の化粧品のトラブルに泣かされ
続けたので、化粧品=肌の害としか考えられなくなって
しまいました。
開発まで何年もかけて、動物実験までしてできた化粧品
でも実際使うと肌が荒れてしまう。。。そんな毎日でした。

化粧品は現在全成分を表示してあっても、実際は
キャリアーとよばれる中間物質の表示は確か
必要なかったと思います(誤解でしたら申し訳ありません)。

そのような訳で、私は化粧品自体全て信じられない
という、ひねくれ者になってしまいました。

石塚社長にも、成分については何度もご相談をしました。

にじ様もおっしゃる通り、やはり「副作用」の点も
気にならないといえばウソです。肌トラブルはなくても
からだにトラブルが?とか。。。
でも、マニキュアの有機溶剤など、もっと強い薬品を
女性なら結構使っていますよね。

どのようなカテゴリで販売されていても、結局は
ある程度ユーザーの責任もあると私個人は思っているので
パウケアの使用を決めました。

信じる者は救われる、という言葉を信じて使ってます。

また遊びにまいりますね。




ユーザーの一人さま

すいませんすいません、お返事のコメントもしませんですいませんでしたぁm(__)m

その後のパウケア使用感はいかがですか?
まだ暑いので皮膚の状態に注意してくださいね。

懲りずにまたいらしてくださいねー
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本初??? 犬用クリームから人間用クリーム誕生へ

犬用クリームから人間用クリーム誕生へ 人間用の商品を犬用品、ペット用品にすること...

「犬用クリーム」を「人間用」に

人間より体や皮膚の弱いペット用に作られた安全性の高さが敏感肌の人でも安心して使えるとかで大人気のクリームがあるらしい。じつはペットというのは繊細なものらしく、赤ちゃん用の低刺激のものも使えないらしい。化粧品販売店やドラッグストアでの販売を開始している「パ

いいものなら人間にも使いましょう

はやりの犬用クリームを使ってみましょうかBlogランキングに登録しています!応援クリックお願いします!!
リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。