プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーチエンジンとは

良く考えたらサーチエンジンに引っかかってくる仕組みをなにもやってなかったような気がします。
果たしてサーチエンジンとは何ぞや。

検索の仕組みはこういうことです。
YahooやGoogleで検索をかけるとサーチエンジン会社の人たちがせーのでいっせいに世界中のホームページを見に行って瞬時に見つけてくるという人海戦術を利用した方法です。
うそです。

サーチエンジンにはディレクトリ型とロボット型があります。
ディレクトリ型では主にYahoo!カテゴリOpenDirectryProjectなどがあります。
サーチエンジン会社が手動で登録するものです。
ロボット型ではGoogleなどがあります。
世界中のウェブページをロボット(ページを見つけ出して登録するプログラムのこと)が自動的に登録していきます。
Yahoo!などはこれらの両方式をハイブリッド型で使っています。

ディレクトリ型への登録はまた別の記事で。
(日本ではYahooの利用率がGoogleよりも高いため、Yahoo!カテゴリに登録されるかどうかはそのサイトにアクセスを呼び込めるかどうかにとても大きく影響します。)

サーチエンジンはまずクローラー、スパイダーと呼ばれるウェブページ読み取りロボットが世界中のウェブサイトをくまなく見てまわり、その内容がサーチエンジン会社のデータベースに自動的に保管されます(インデックスされる、といいます。)検索結果で表示されるのはこのデータベースから読み出された結果です。

普通ウェブブラウザでサイトを見るとこんな感じですね。
scr1.jpg


しかしクローラーはサイトに来て一体何を「見て」いるのかというと・・・

scr2.jpg

こういう一見わけのわからない文字列(ページのソース)を読んでいるのです。
これはHTMLといってウェブサイトの本体です。これがウェブブラウザによって解釈されて普通見るようなウェブサイトとして表示されるのです。

ソースはウェブブラウザでも見ることができます。
(FireFoxならメニューバーの「表示」から「ページのソース」を選択。IEならメニューバー「ページ」から「ソースの表示」を選択。)
HTMLファイルはこのように中身は単なるテキストの羅列です。
クローラーはソースのなかからタグと呼ばれる書式(<>で囲まれているもの)をもとにページの内容を吟味します。(またリンクの記事で書いたように、他のサイトからのリンクも含めてページのリンクも評価の対象になります。)

つまりページの最適化とはクローラへの親和性の高いページを作ること、インデックスされやすいサイト構造に再構築しなおすことです。
そのための小技がいろいろあるのでちょっとづつやっていきましょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。