プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XHTMLとCSS

ここのところサイトの構築そのものについてをいろいろ実験してみています。
XHTMLとCSSによるサイトデザインという技術はブログというものの原理でもあります。表現を全てHTMLに書かなければならないサイトよりは、本体がスリムアップされクローラに読まれやすいXHTMLとCSSによるサイト構築はSEOと言えますね。

前回の記事にも書いたHTML(HyperTextMarkupLanguage)という言語によってウェブサイトは表されます。以前は文字の色だとか大きさだとか枠組みなんかを全てHTMLに書き込んでウェブサイトを構築していました。ただ、この方法だとHTMLのソースが必要以上に膨大なものになってしまいます。これではよろしくないとウェブの決まりを作る偉い人たちがXML(Extensible Markup Language)というものとHTMLをくっつけ合わせてXTMLというものを作り、サイトの表現自体はCSS(Cascading Style Sheet)というものに書き込んでXHTMLから参照する、というものを提唱しました。こうするとウェブサイトそのものはコンパクトに記述でき、さらにCSSによる装飾効果などにより表現ができるというものになりました。

ブログがテンプレートを変えるだけでいろいろ見かけを変えたりするのが簡単なのはこの技術によります。ブラウザがFireFoxだとメニューバー「表示」から「スタイルシート」→「スタイルシートを使用しない」を選ぶとこのブログもずいぶんとあっさりした表示になりますね。

ブログでない普通のサイトを作る場合、スタイルシートによる装飾にすることはSEOの点からも有利です。訪問者にアピールしながらクローラーにも読んでもらいやすいコンパクトなソースになるからです。(とはいってもホームページビルダーなんかを使っていれば大体はCSSを使ったページになりますが。)
XTML+CSSをいじるのはちょっとめんどくさいのですが、(X)HTMLの原理くらいは少しはわからないとサイトの最適化もままなりません。

このへんでちょっと見ておくのがいいかもしれません。
Yahoo!カテゴリ・HTMLのガイド、チュートリアル
関連記事

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。