プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療としてのヒーリング

ヒーリングって世間ではまだ知名度ないんですよね。
この前職場でぎっくり腰の人にハンズオンをしてみますかと聞くと「宗教ですか?」と怪訝な顔。えーっと気功のすごいやつみたいの・・・というふうにお茶を濁してやってみると痛みが治まったので驚いていた様子。やったことは患部に炎症があったのでそれを冷まして、回復に必要なエーテル体レベルのエネルギーをたっぷり流しただけでした。

ここのところよく考えているのが代替・補完医療としてのヒーリングをどのようにやっていくかということ。日本においてほとんどの医療の現場ではエネルギーを媒体として患者の治療にかかわるというのはまずありえないこと。かなーり怪しいものと受け取られます。それでも最近は代替医療、補完医療に関する学会なども多く出てきているようでそういう関係だとまだ多少抵抗がなく受け入れられる下地があるのかもしれません。

ふつうは目に見えず、今のところ医療用検査機器にも引っ掛からないエネルギーが人を取り巻いていてそれが人の健康や人生に大きな影響を及ぼしています。その原理を知る訓練されたヒーラーが適切な治療、処置をすると病気や人生に治療効果、変化が得られることが多いのです。しかもしばしば劇的なものです。そしてその効果は医者にはありえないことに見えますがヒーラーにとってはわりと常識的にできることだったりします。
その反面、週末セミナー系インスタントヒーラーもどきが多くて本物の実力あるヒーラーも十把一絡げにキワモノ、ニセモノ扱いになってしまうとはよく言います。しかし医療の現場では、そんな話題にすらたどり着いていないという状況です。エネルギーによるヒーリングという方法があるということがほとんど知られていないのです。
その方法、理論、パラダイムをどのように統合医療としての現代医療にもたらしていくか。


ヒーリングトレーニングのインターンになったらどんなふうに仕事をしたいかという、とても個人的な選択(または悩み)から来たこのテーマ。セッションルームでクライアントさんを迎えるスタイルもありですし必要なのですが、自分はやはり医療の現場で統合医療の一部となりうるヒーリングをやっていきたいと思うのです。
「科学」と「権威主義」で固まってしまった医療の現場にどうやって入り込んでいくか。楽しみではありますが、どこからどう手をつけたらいいものやら。まずはヒーリングの腕を磨くことからでしょうか。

それでもとりあえずヒーリング、エネルギー療法に関心のある医師、看護師、医療関係者の方々が読まれていましたらご連絡お待ちしております。(セッション申込フォームからでかまいません。)微力ながら医療の今後に何ができるか相談できるといいと思います。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

医療による治療だけでなくて、もっと広く受け入れ態勢が整っているといいと思いますO('∀'*)O
ヒーリングで完治できるのに、みすみす見逃している方法はないと思います。
でも、問題は、単なるお金儲けの為にしているヒーリング!
それを、蔓延らせていると、真実のヒーリングが評価されていきません。
残念なことです(T_T)

NoTitle

その気持ちよくわかります。僕も医療関係者ですが、僕ならば同じ職場の医療関係者に使います。肩がこってる・50肩などまずまず周りを信用させないとだめです。
非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。