プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリングとエネルギーのアヤシさ

ヒーリングはアヤシイ。
エネルギーってなんだ。

あなたもヒーラーやってるんでしょ?と言われれば確かにそうですけど。
エネルギー療法としてのヒーリングは確かに効果はあります。
ただ、それは今のところ経験則でしかない。
やってみたら効いているだけなのです。
どういう仕組みでどうやって効いてるのか、未だ不明。

人は肉体のほかにエネルギーからできているって言ってるのはあなたじゃないの?と言われればこれまた確かにそうなんですけど。
そうですね、エネルギーをチャージして浄化してブロックをとって・・・ヒーリングのいっちょあがり。
でもそもそもエネルギーって何なんでしょうか?気?プラナ?いろいろ呼び方はありますが結局何なんでしょうか?(個人的には真空の揺らぎがいわゆるエネルギーと関係しているという仮説を研究してみたいところですが)

ヒーリングがなんとなくまだ怪しくて医療の現場に入れないのは、いろんなことがわからないからなのではないか・・と思っています。エネルギーって今の医療では想定してませんからね。そしてなによりも「まともなヒーラーのヒーリングはきちんと効果が出る」ということが医療の現場ではわからない、知られていないからということもあるでしょう。

エネルギー療法の中でもセラピューティックタッチの人たちはとにかく果敢に現場で実践しています。学会からなんといわれようとどんどん「効果があったよー」という論文を出して足場を固めています。そして実際に現場にどんどん持ち込んでいく看護師さんたちはほんとに強いですねえ。
自分も現場にヒーリングを持ち込むためにどんなことができるんだろうかな。



ヒーリングの「怪しさ」は少なくとも自分が生きているうちは付きまとってくるものなのかもしれません。でも自分がヒーリングセッションを通して、また(多分)将来関わることになるだろうヒーリングの研究でその怪しさがもう少しみんながわかるものになればいいなと思うのです。

いや、だってヒーリングっていいものだし、みんなが普通に受けられるようになればいいなと思うので。



ヒーリング・アスクレピア やってます!
関連記事

タグ: ヒーリング

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。