プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の医療

この土日でシンポジウム「命輝く医療とは」で講演を予定している先生方のミーティングとセミナーに参加させていただきました。参加予定の先生方はどんな方たちなんだろう?と思いながら参加したのですが…

「癒す人が癒されてないと患者、クライアントに癒しは起こらない」
「自分を癒すことが世界を癒すことになる」
「外から人を変えることはできず、できることは変わっていくための器を作ることだけ」
「ネットワークやチームでの医療活動が本当に大事になってくる」
こういった言葉がバンバン出てくる。
自分はこういう考えや概念はいい師匠についたこともあり「教わって」くることができました。こういった考えなどが近い将来重要視されるようになってくるということも。しかし、参加の先生方はこういったものを現場からのたたき上げですでに自分たちのものとしている。しかもすでにそれをもとに新しい医療の形を形作ろうとしています。

本当にすごい先生たちがいるものだとものすごく驚きました。そして医療の未来も捨てたものではないぞと感激したのでした。

このような意識の高い先生方がだんだんと統合医療のためのネットワークを作りつつあります。こういう流れは色々なところで起こっています。
それぞれは小さな動きですが、色々なところから医療を変えていくでしょう。全体をひっくり返すようなドラスティックな変化はないかもしれません。でも時間もかかるかもしれませんが気が付いたらいつの間にか現代医療は本当に人を癒す医療に変わっていた、あるいは少なくともそういった方向に向かっていたということが起きるのではないかと思っています。

病院勤務でもいろいろなことがあり、ホリスティック医療、統合医療などというものは本当は実現しないんじゃないかとがっかりしていたところでした。
それでもこれだけ意識の高い医師の方々がいるとわかったことはとても勇気づけられることです。

自分も今できることを通してこういう流れの中に自分の居場所を見つけたい。
次世代の医療の確立のために自分がちょっとでも役に立てるならこんなにうれしいことはありません。がんばらなきゃいけませんな。


ヒーリング・アスクレピア やってます!
関連記事

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。