プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支えられること

なんとか退院して戻ってきました。

まあ緊急手術って言ってももともと持ってたそ径ヘルニアが悪化してしまったためなので、手術自体は虫垂炎の手術くらいのものでしょうか。8月24日に手術、安静にして一週間。抜糸も終わって大丈夫そうなので昨日やっと退院できました。
傷自体は大したことないものの手術時の麻酔の副作用らしく頭痛が治まらずまだ自宅待機。腰椎麻酔ってこんなに影響残るんですねー やってもらわなきゃわからなかったなあ。

本当は8月28日から統合医療のシンポジウムに行く予定でした。ほんとに楽しみにしてたんですが、このタイミングで入院になってしまい行かれずじまい。ヒーリングの約束してた先生方、どうもすいませんでした。

でもこのタイミングで患者の経験をしたってことは意味のあることだったんじゃないかと思ってます。
自分にとっては統合医療だ!といってどんどん前に進むより、まずは手術をして入院をしてという患者であることがまず必要だったのでしょう。
たかだかちょっとおなかを切るくらいの手術でも翌日には立てないくらいの痛みもあるし、食事だって全然食べられなくなる。点滴は一日に何本もあったし、腰椎麻酔は痛かったし、まだ頭痛は残ってる。

そんなへばってたときに家族や友人たちが支えてくれました。
家で元気になって帰るのを待っている家族がいると思うのはどれだけ自分を前向きにさせるか。
友人たちの手術直後からのヒーリングはどれだけ自分を内側から支え、「病人」であることに埋没してしまわない力になったか。
そして病院の看護師さんたちや先生方のケアがなければもちろん回復もありませんでした。

全部体験しなければわからなかったことでした。
理解してるつもりだったし病院の現場にもいたので、患者さんの気持ちもわかってるって思ってたのは・・・単なるおごりでした。ヒーリングでどれだけ人を支えられるかということも改めて思い知らされました。

人は支えられて生きている。誰でも。一人で生きてはいない。
病気やいろいろな苦しみにあったときに周りに支えてもらえること。
自分はやはり医療を、ヒーリングを通して人を支えたい。
改めてそう思います。

支えてくれた皆さん、力になってくれた皆さん。本当にありがとうございました。


ヒーリング・アスクレピア やってます!
関連記事

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。