プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I型アレルギーとヒスタミン

薬の仕事とヒーリングの勉強をどう生かすか
ということでこんな話もしてみます。


・I型アレルギーとヒスタミン

ヒスタミンは体内のいろんなところにありますが
皮膚、肺、消化管に多く分布しています。
アレルギー反応はいくつかのタイプがありますが
ヒスタミンの関与するアレルギー反応はI型と呼ばれるものです。
即時型アレルギー反応とも言われます。
花粉症とか食物アレルギーとかがそう。
I型アレルギーでは次のような反応が起きています。

@登場する人たち
マクロファージ:体内の掃除屋さん。異物を食べてくれる。
ヘルパーT細胞:免疫担当係。白血球の一味。
B細胞:免疫担当係。抗体を作る。白血球の一味。
肥満細胞:いろんな化学物質を溜め込んだ細胞。脂肪細胞とは違い肥満とも関係はナイ。
        鼻、目などの粘膜ほかからだのいろんなところにある。
好塩基球:免疫担当係。白血球の一味。
IgE:免疫グロブリンEの略。抗体。異物にくっついて目印になる。

1.アレルゲン進入!
2.マクロファージが異物が何であるかヘルパーT細胞にお知らせ。
3.ヘルパーT細胞はサイトカインという伝達物質を出してB細胞にお知らせ。
4.B細胞は入ってきた異物に対応する抗体のうちIgEをたくさん作る。
5.IgEが肥満細胞や好塩基球の表面に結合するとアレルゲンがくっついて反応するようになる。
6.そこにアレルゲンがくると肥満細胞、好塩基球が気がついてたくさんの炎症物質を放出する。
 炎症物質はヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどがある。
7.これらの炎症物質が血管内に働きかけて皮膚のかゆみとか炎症などのアレルギー反応を起こす。

まあ、要はアレルゲンが入ると肥満細胞からいろんなものが出てアレルギーが起こるってこと
ほかにもII型からIV型までのアレルギーがあり異なる反応が起きています。

ヒスタミンの働きとしては気管支や腸管などを収縮させたり
感覚神経末端を刺激したり、かゆみを引き起こしたりします。
血管はおもに拡張して皮膚が赤くなったりします。
末梢血管では逆に血管細胞が収縮して隙間ができるので水分がしみ出てきて浮腫も起きてしまう。

さて、こんなヒスタミンさんが細胞に働きかけるときには受容体というものを介します。
受容体とはヒスタミンが細胞にくっついたよ!という
シグナルを出す細胞表面の部品みたいなもの。
ここをブロックするとかゆみとか鼻水とかがおさまるわけです。
花粉症の薬、風邪薬に入っているのはこの部類の薬です。
アレルギー反応に関連するのはH1受容体というものなんですが
これにはお仲間のH2受容体という種類もあります。
このH2受容体はおもに胃の表面細胞にあり、ヒスタミンで刺激すると胃酸が沢山でます。
だからこれを逆にブロックするような薬を使うと胃酸過多が収まります。
H2ブロッカーってCMで聞いたことありませんか?ガスター10とか。
胃炎とか胃潰瘍ではまず最初に処方される薬ですね。
ちなみに胃酸を押さえるのはプロトンポンプインヒビターという別の反応機序の
薬もあり、こっちはH2ブロッカーより強力。


通常アレルギー反応にはH2ブロッカーは関係がないはず
なんですが、難治性のアトピーとか喘息とかに
H2ブロッカーを投与するとなぜか劇的に症状が改善されることが
たまーにあるみたいです。
(全員ではないし、適応外使用なので保険は効かない)
まあ人体の不思議っつーか。


ヒーリングでは受容体または細胞にピンポイントでアクセスできれば
受容体のクセとかはわかるかも。難しそうですが(+_+)
関連記事

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。