プロフィール

にじ

Author:にじ
二児のパパ。
いろいろな「あっちの世界とこっちの世界」をつなぐために、やりたいことがいっぱいあります。

アーカイブ
カテゴリー
おことわり

記事内容と関係がないと管理人が判断したコメント、トラックバックおよび明らかな広告用ページからのコメント、トラックバックは削除させていただきます。 ご了承ください。

フリーエリア
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出した世界

今回のトレーニングのクラスでは準備ができていたらという条件付で
オーラの5レベルの作業を習うことになっていた。
このレベルの作業はヒーリングのガイドチーム(外科医系の人たちらしい)との作業になる。
ガイドなどあっちの世界の人たちとの関係で、権威との関係や内的準備ができていないと
十分に仕事ができないということらしい。

練習を何度か繰り返しても5レベルの感覚がよくつかめない。
先輩の5レベル作業のヒーリングを受け、自分でもやってみた。
次第に気がついてきた。他のレベルと同じくつねにここにあり気がつくことが必要なだけだった。
たしかに4レベルよりは周波数が高い。でもあまりに普通だったのでわからなかった。
空間は青く染まり、音のない音が流れている。空間と物質の実体が逆転している。
それがテンプレートの感覚らしい。

そして思い出してきた。
この静かな整然とした感覚は知っている。
子どものころからごく時たま意識に上がってきてこれはなんだろう?と思っていたものだった。
またこの感覚が自分に何か常に足りない、手が届かないと思っていたものの一部であることも思い出した。
なくしてしまって見つからないパズルのピースを見つけた気分だった。


5チャクラは見えない世界への扉だと師は言う。
たしかにこの静かな世界からもっと上の世界につながっている感覚はある。

これから自分とあちらの世界との関わりはますます深くなっていく確信がある。
目に見えず、しかし確実に存在している高い世界を知り、
そちらでも生きていくことを学ぶだろう。
それはいろんな意味で「力」を持つことになる。
その責任も負えるだけの足腰をつけるための自分の器作りなのだ。
人間としての器作りにいかに向き合えるか、自分にいかに向き合えるか。
それは生きている間(本当は向こうに帰ってからもだが)続く。

やっと思い出し、たどり着いた5レベルの世界。
本当のスタートはこれからだ。
関連記事

コメント

非公開コメント

リンク
おすすめ本


検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書



ビジネス・ツイッター


フラワーエッセンスレパートリー
フラワーエッセンスレパートリー



フィールド 響き合う生命・意識・宇宙


ビヨンド
ビヨンド

支援しよう





相互リンクドクター!アクセスアップ相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。